2018年03月23日
CUSCO 自動車【クスコ LSD】 LSD type-MZ·1WAY type-MZ·1WAY【LSD【LSD 180 B】 レガシィB4(BM9) 2009.05·2014.10 EJ25[ターボ]ファーガソンvsヌルマゴメドフ:ufc最終決戦

mmaが誕生して約30年、史上最もエキサイティングなマッチアップがufc223にて遂に実現しようとしています。地獄のライト級ランキングをひたすら勝ち抜いてベルトを手にしたファーガソン、それに挑戦するのは長年最強説を囁かれ続けていたヌルマゴメドフ。

これより面白い試合なんて存在しうるのか?もうこの試合でmmaの物語を完結させてもいいのでは?
日本時間4月8日、ファーガソンvsヌルマゴメドフがufc最終回だ!!!!



…と言いたくなるくらい最高のカード、ufcライト級タイトルマッチ、トニー・ファーガソンvsハビブ・ヌルマゴメドフを分析します。今回はいつもの海外記事翻訳じゃなくて、私自身の文章メインで書く初の試みです。
多少の粗があっても怒らないでね!


(以前書いた二人の記事もどうぞ↓)
ヌルマゴの紹介
ファーガソンの解説


kode-lgx-d1xx.jpg


この有史以来最高の決闘を前に、賭けのオッズを見ても予想サイトをみてもどうやらヌルマゴ勝利を大方のファンが予想している。
確かに彼は最強の男の一人だ、ライト級のトップファイターであったバルボーザ、マイケルジョンソン、ドスアンジョスらを圧倒的に蹂躙して勝利した姿を見ればその強さに疑いの余地はない。
テイクダウン、トップキープ、パウンド、サブミッションを兼ね備えた圧倒的な組み技の強さを担保に、打撃でも強さを発揮する姿はまさに無敵に見える。
彼は本当に無敵なのか、あの男の前では王者ファーガソンですら無力なのか?


「戦い続ければ必ず負ける日が来る、無敵の選手などいない」とmma最高傑作デミトリアス・ジョンソンは言った。
それは25勝無敗の生まれながらの戦士ですら例外ではない、アップセットが起こる度に語られてきたこの言葉を思い出して欲しい
「スタイルが戦いを形作る」のだ。




グラップラーの極北:ヌルマゴメドフ



ヌルマゴメドフは生まれた時からレスリングに触れていただけあってとにかくフィジカルと組み技が強い。グラップラーとして世界最強と言って良いだろう。
オールアメリカンレスラーのエイブル・トルヒーヨ戦ではufc史上最多、1試合に21回のテイクダウンを決めるレスリングの差を見せつけ、序盤は具体的に色々言ってたトルヒーヨのセコンドも最終的に「don't give up! 」を連呼する事しか出来なくなっていた。
122
PHP Notice: Undefined variable: zlibs in /home/ftp/x/xxnew_122/wwwroot/data1028.php on line 1441